政府がマイナス金利継続を発表しました。マイナス金利っていうと、私たちの口座から利子の代わりにお金がマイナスになるのではないか?なんて思いますが、そんなことはありません。

大きな銀行(私たちが使っている銀行)はお金をさらに日本銀行に預けているのです。日本銀行-普通の銀行の間がマイナス金利になっていると言う事です。
で、銀行たちは日本銀行に預けるよりは、もっと資産運用したりしようとします。その結果、金融商品の一つとして「ローン金利の低下」が挙げられたりするのです。

結果的に、日本銀行に預けて利子を失う(マイナス金利)よりは、金利を低くして一般に貸し出そうと言う動きが加速する事になるのです。

住宅ローンの金利も一緒です。最近はマイナス金利の動きもあり金利固定で非常に金利が安くなっています。もし、住宅を買おうと思っている人にとって、この「マイナス金利」は優位な点しかありません。

なので、いろいろな銀行がマイナス金利の煽りを受けて、一般的に私たちが使うローンの金利が安くなってきています。政府がマイナス金利を継続すると発表した以上、今は狙いどきかも知れません。

色々な銀行がその金利を出しています。マイナス金利がいつまでも続くとは思えません。(これは経済バランスの最終兵器なので)金利がプラスに戻ってしまえば、きっとローンの金利も戻ってくるでしょう。

今回のマイナス金利続行により、住宅を買うチャンスが継続したと思った方が良いのかも知れませんね。